ごあいさつ

  大阪大学では、新しい医療を切り開き未来の標準治療となる可能性を秘めた基礎研究を行い、さらにこれらの基礎研究の成果を医療に発展させるための橋渡し研究の重要性を認識し、 その基盤整備とともに多数の実用化プロジェクトを推進して参りました。
特に近年ますます盛んになってきているオープンイノベーションの流れやアカデミアを中心とした稀少難病の 治療薬の積極的開発などにおいて、産学連携、すなわち良きパートナーである企業との対話、協力が不可欠と考えます。
  また、このようなアカデミア発の医療開発への期待はいわゆる拠点のみにとどまらず、拠点関連のネットワークを通じて全アカデミアに及んでおり、実際、拠点外アカデミアでも優 れた新規医療が生まれつつあります。
一方、関西地区は関西イノベーション国際戦略総合特区という恵まれた環境にあり、産学官民の効果的連携は、関西からの医療イノベーションの 創出をますます加速すると考えています。
  そこで私たちは、大学等アカデミア発の新規医療技術の実用化に関連して、会員相互や会 員と地域社会、行政等との親睦をはかり、産・学・官・民の情報交換、企業と研究者のマッ チング、人材育成などを通じて、研究開発の発展を促進し、医療と健康の増進に資することをニュースに、一般社団法人末来医療交流会を設立いたしました。
  近年、激化する新規医療開発において我が国の立場は、決して安泰ではありません。
また、近年の目を見張る底療技術革新をしてもなお、多くの稀少難病を初めとするアンメット・メデイカル・ニーズが存在しますし、前人末踏の超高齢化に突入する我が国は、世界の先頭を切ってこの問題にも立ち向かわなければなりません。
我々、医学・ライフサイエンス研究者と医療・ヘルスケア産業は同じミッションの元に、手を携えるときです。
皆様には、本会の趣旨、活動にご理解を頂きまして、ご協力、ご指導頂きますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人  末来医療交流会  会長  澤  芳樹